英語をこれから始める人へ|海外の人と出会いたいなら英語を覚えよう|会話ができる能力をつける

海外の人と出会いたいなら英語を覚えよう|会話ができる能力をつける

英語をこれから始める人へ

アルファベット

どんな英語教材なのか

誰もが早ければ小学生のころから英語教育を受けていたにもかかわらず、日本人で英語を喋れる人は非常に少ないと、世界的に見ても有名な話ですが、現代では英語が喋れなければ仕事も難しい時代だといわれています。英語を勉強して何か効果が出ている人は本当に数少ない人たちだといえます。そのため英語が必要だと再習得するために各々努力を始める人も多いですが、効果を求めて勉強するのではなく聞き流す英語のCDスピードラーニングが流行っています。これは現代の時間がない社会人や大学生をはじめ、老若男女勉強をしたいと思いながらもその勉強の時間が取れない人が多いことがきっかけで広く知られることとなった教材の一つです。ゴルフの有名選手もこのスピードラーニングで聞き流す習慣により海外でプレーしてもコミュニケーションが取れるようになったという話も有名です。

教材で耳に慣れること

この聞き流す教材スピードラーニングはいったいどのような効果が期待されるのでしょうか。人は一生懸命聞いて覚えようとする行動よりも、毎日繰り返し耳に入る、たいして聞こうともしていないものほど頭の中にしっかりと残るものです。その人間の性質を生かして、勉強しようと懸命にすることよりも、聞き流すだけの方法で英語耳を作ろうとしているのです。また、勉強していくとわからないことや不明な点でつまずいてしまうこともあります。しかし、英語を喋れない赤ちゃんも、英語圏内で英語だけで生活することで普段の会話として英語を喋ります。それと同じで、常に英語を聞いてなれる、それがスピードラーニングを聞いて得られる効果の最大の特徴です。