英会話を身につける|海外の人と出会いたいなら英語を覚えよう|会話ができる能力をつける

海外の人と出会いたいなら英語を覚えよう|会話ができる能力をつける

英会話を身につける

英語

スピードラーニングとは、英語を聞くということを特化した勉強法です。英単語や文法を理解していなくても、英語を毎日聞くことで英語力を鍛えることを目的としています。これは、つまり人間が言語を取得していく過程をなぞったものです。生まれたての子どもは、もちろん単語も文法も身につけていません。しかし、親や周囲の人間から常に言葉を与えられて言葉を取得していきます。スピードラーニングによって、英語に毎日接することで英語が身につくということです。ただ、人間がこのように言葉を取得するのは、年齢の低いうちだといいます。英語を聞き流すだけで容易に英語が話せるようになるのは子どものうちだけだと思っておいた方がいいです。ある程度の年齢になったら、聞き流すだけでは意味が不明な言葉は意味が不明なままです。自分から辞書を引いて意味を確認したり、文法を頭で理解することも大切です。

日本での英語教育は、ノートを使うことがメインになります。ノートに英単語を書き連ねて暗記したり、ノートに英文を書いて文法を理解するようになっています。もともとは、外国人が身近にいなくても外国語で書かれた文献を理解しようと日本人が努力してきた結果で、そのため日本人の英文の理解力や英文を書く能力は高いと言われています、反面、英会話を楽しんだり臨機応変に対応するといった能力が低く、課題となっています。スピードラーニングのように毎日英語に触れることで、英文ではなく英会話を身につけることができます。子どもが生まれてから単語が話せるようになり、さらに会話ができるようになるために数年かかるように、スピードラーニングも聞いたらすぐに英会話が身につくというものではありません。子どもに比べ言語取得能力が衰えている大人は尚更時間がかかることもあります。慌てずに、じっくりスピードラーニングと向き合うことが大切です。